コスモスイニシア8844

..













2017/09/06工事中




 *日本で2018年6月に民泊法が施行、民泊を解禁する。


*2018年2月21日 0:53日経
 【増配】18年3月期は低金利を追い風に、不動産投資への関心が高く、投資家向けの不動産販売が伸びる。オーストラリアのリゾート運営も好調。主力の分譲マンションの引き渡し戸数は減るが、全体で増収増益を確保。年間配当は2円増の9円。19年3月期はマンション販売が回復し、増収増益が続く。*


*2018年2月20日 
アベノミクス相場の立役者である黒田日銀総裁の再任を含めたリフレ路線継続の流れが、不動産関連株に改めて資金を誘導している。一方、訪日外国人観光客の急増でホテル関連需要が押し上げられているなか、長期滞在者向けのアパートメントホテルに対する需要にもインバウンド特需が発生している。そのなか同社は東京、大阪、京都などにアパートメントホテルを次々と開業予定にあり、注目度が高い。東京五輪開催年の2020年には約30棟をオープンする計画が伝わるなか、中期的に業績が飛躍的に伸びる可能性が意識され、脱デフレの象徴株として上値余地を再燃*


*毎日新聞2018年2月14日 東京朝刊

大和ハウス工業グループの不動産開発会社、コスモスイニシアは今月8日、東京・上野に「MIMARU(ミマル)東京 上野NORTH」をオープンさせた。もともとオフィスが入居していたビルを改装。家族連れやグループの長期滞在の訪日客を顧客に想定し、各客室の定員は4~6人で、キッチンも備える。料金は部屋あたりで設定し、1泊2万円台後半から。昨年末から受け付けた予約の9割超が訪日客といい、高木嘉幸社長は「都内には4人以上で宿泊できるホテルが少ない一方、グループで旅行する訪日客は多くニーズは高い」と話す。同社はホテル事業に新規参入したが、同じタイプのホテルを年内に都内だけでさらに4カ所開業させる計画だ。

野村不動産も、同社初となるホテル「NOHGA HOTEL(ノーガホテル)上野」を今秋開業させる。こちらも訪日客が主なターゲットで、上野周辺の伝統工芸品をインテリアに使うほか、伝統工芸のワークショップなど訪日客向けイベントも開催する予定。星野リゾートが5月にオープンさせる新ブランドの都市型ホテル「OMO5(おもふぁいぶ)東京大塚」も、客室の床を畳張りにして寝台にヒノキ材を使うなど内装に工夫を凝らす。

 17年の訪日客は前年比19・3%増の2869万人。政府は、20年に4000万人に増やす目標を掲げている。訪日客の増加を追い風に都内では新規ホテルの計画が目白押しで、不動産サービス大手のCBREによると17~20年の4年間で東京のホテルの客室数は約2万9000室増える見込みだ。

業界では「それでも3500室程度不足する」(CBRE)との見方がある*

*発行株数*
 *3391万株

**

配当方針
配当性


*9円*













......
2018/03/12
  • 雲抜け
  • MACD上抜け
  • 戻り高値更新

    新値更新まで行くと思う。少しポジション減らした直後だが追撃買い増し狙い。
..............................
日足3ヶ月



*増収増益(特に3Q)、増配、PER10倍以下
・*

  • *1株利益
  • =97円(18/03期)*
*
・**

  • **








.  
2017/12/06
東証信用規
  • **














**
日足9ヶ月

週足5年

20年チャート

超長期チャート


*履歴_________















2018/03/29740カイ
2018/03/06
840ヤリ
2018/02/23874カイ
2018/02/23882カイ
2018/02/23886カイ
2018/02/23889カイ


*
増収増益
-【業績予想とコンセンサス】       百万円
2019/03

売上

営業益

経常益

純益

実績

会社計画
105,000
5,250
4,800
4,400
18/05/09
コンセ楽天
----------------
会社修正


コンセ四季
105,0005,0004,6004,00018/03/16
 
*
増収増益
-【業績予想とコンセンサス】       百万円
2018/03

売上

営業益

経常益

純益

実績
100,829
4,869
4,367
3,695
18/05/09
会社計画
98,000
4,400
3,900
3,300
17/05/10
コンセ楽天
----------------
会社修正


コンセ四季
会社計画と同じ-同左同左同左同左
 
*
投資の初心回帰
-【需給要素】       

発行株数万株
時価総額億円
テーマ













3,391
275
インバウンドホテル

18/04/16
 
◉18/05/10
急反騰、914円  +89.円。今期経常は10%増益、2円増配へ 
 9日大引け後に発表した18年3月期の連結経常利益は前の期比25.4%増の43.6億円で着地。続く19年3月期も前期比9.9%増の48億円に伸びる見通しとなった。 前期は一棟物件など投資用不動産の引き渡し棟数が増加したソリューション事業の収益が急拡大した。今期はソリューション事業の好調が続く一方、海外ホテル・リゾート運営事業の売却により海外事業は縮小する見通し。 業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比2円増の11円に増配する方針。
*


 *18/04/16  805円 +44 10:33
大幅高、売買高も10時現在で前週末終日分の商い水準を大幅に上回っており、にわかに注目度が増している。大和ハウス系のマンション販売大手で旧リクルートコスモスとして知られる。業績は拡大途上にあり、18年3月期営業利益は前期比7.7%増の44億円を見込み、19年3月期も2ケタ増益が有力視される。インバウンド需要の取り込みに注力した経営戦略をとっており、長期滞在者向けアパートメントホテルでは東京、大阪、京都などに訪日客専用のホテルを続々と開業予定にあり、成長への期待が強い。


◉18/02/25
青=コスモス 赤=一工薬
*
コスモスの上がり方が急。チャート画像